熟女とSMプレイ体験熟〜控えめな52歳の人妻かと思いきやど淫乱!


抜群の出会い率!!
熟女出会い系サイト掲示板!

最近みた、熟女のSMエロ動画で上村みなみが緊縛されがら責められている光景に興奮を覚え、頭からプレイのシーンが離れない管理人。Mな熟年お姉さま…良いな。と思い立ち、いつものようにサイトで出会えそうな女性を探しました。

結果的に、見事に欲求不満などM熟女さんとSMプレイする事ができました。

良かった良かった!

わざわざ遠くから来てくれて、お茶とHだけしてくれた彼女。優しい人で控えめ。でも、責められたい願望を持っていて、プレイをしていくと徐々にそれが出てくる。素敵な52歳でした。

カフェで合流した控えめの52歳の熟女!この人がSM希望…?

出会ったのはMさん。東京の某A佐ヶ谷駅の近くのカフェで合流しました。彼女が掲示板で「紳士的な方で大人の関係を理解してもらえる方を探しています」という内容から、私がメールして出会う形となりました。

今回の熟女のMさんは52歳。茶色の丈の長いワンピースのような服を来ていて、既に色っぽい感じがあります。ほうれい線や目元のシワ。年齢は流石に感じますが、目は大きくて髪もしっかりと手入れされている。きっと20〜30年前は美人だったんだろうなと思いました。

お辞儀をやたらする人で「なんかすいませんねぇ」とか「あ、そうなんです、はい…」とどこか申し訳無さそうに喋る。

人妻で旦那さんとは10年以上のセックスレスとか。理由を聞くと「旦那も求めてなしい、私も…子供も大きくなったし」と。典型的な熟年夫婦という感じです。

サイトでライトSMが希望とありましたよね?という話題をふると恥ずかしそうに「あ、…はい。」と答える彼女。

普段からそういうプレイをされていたんですか?と聞くと「いえ、全く。若い頃にそういう事を強要されて、むしろ嫌で断ってしまったんです…」と。

疑問に思い「じゃ、Mさんはそういう事は好きじゃないんじゃ…?」と聞くと、かなり言いづらそうにしながら「あの…実は当時断ったことを…後悔していて…それで…」と言って無言。

「今思うと、興味が湧いてきた?」と言うとコクンと頷くMさん。続けて「今は、生活が退屈で…」と言っていました。

なるほど。それなら、SもMも両刀使いの私が一肌脱がせていただきましょう。

アダルトショップでSM用の柔らかい紐を購入

車で移動して大人のおもちゃが売っているAVショップに立ち寄り、彼女を車に待たせ、SM用の紐を買ってきて車内でMさんに見せました。

実は管理人の家には紐も手錠もありましたが、固いので手に痕がついてしまうかもしれないと思ったから、新しい柔らかいSM用の紐を買ったのです。

真っ赤ですね…」と率直な感想をこぼすMさん。これで痛くないし、身体に痕も残らないから旦那にもバレない。そう説明すると、「あの…気を遣ってくださって…ありがとうございます…」と私が自腹を切ってアダルトグッツを買ったことに対して丁寧にお礼を言われました。

どんどん乱れる熟女!ど淫乱などM女でした

MさんはSMプレイが初めてという事だったので、弱めに責めさせてもらうことにしました。用意したアイテムは、紐とアイマスクと電マ。これが、あそこまで乱れ狂うどM淫乱女になろうとは知る由もありません。

部屋に入ってからは順番にシャワーを浴びてプレイスタート。まず彼女に目隠しをして、背面にチャックがあるワンピースを脱がしていきます。手順を説明してなかったので、「え…あ…」と戸惑い、されるがままのMさん。

ワンピースを脱がすと薄紫色のブラジャーが出てきました。貧乳では…ない。普通体型で肌は白くて同年代の女性と比べればずっと綺麗。パンスト越しに高年女性がよく履いている縦が長いパンツが見えます。

緊張しているのか息が荒くなっているので「大丈夫ですよ。痛いことは絶対しません」と伝えます。

そのまま彼女の手を後ろで紐を使い縛ります。ソファに寝かせて身動きの取れない彼女の身体を触っていきます。すると、触っているだけなのに、「んん…ん…ん…」と言いながら身体をビクビクさせる彼女。やっぱり息が荒くて身体は強張っています。

「リラックスしてくださいね」と言いながら彼女のパンストをゆっくり脱がして、首筋をベロっと舐める。「あっ」と声が漏れる。

足を開かせて内太ももを撫でて「すごい格好になりましたね」と言うと「う…う…はい…」と言葉につまりながら答えてくれます。

ブラジャーを下げておっぱい全体を拝見。白くて胸も萎みきっておらず乳首も薄い色。見たままに「綺麗な胸ですね」と伝えて、揉みながら乳首を吸ったり舐めたり。ぐにゃぐにゃに揉んでいく。

だんだん息が整ってきてMさんも慣れてきた様子。徐々に素直に感じてきているようでした。

乳首をつまみみながら、足を開かせてパンツの中に手を突っ込んでま◯こに指をやります。マン毛は整えてきたようです。濡れ具合はまだまだ。くぼみをちょろちょろと刺激してやると「あっ…、んん、あっ…あっ…!」と声が漏れる。

「Mさん。面白いことしましょうか」と伝えて今度は電マでま◯こに押し当てます。電源がついた瞬間に彼女も何をされているかわかったようで、「あ!あぁ!あ!」と反応します。

「こういうの初めてですか?」と聞くと「はい…」と。

んん〜…ん〜…う〜…」と言っているので「僕の前では我慢しないでくださいね。」と伝えると、だんだん「あぁぁ!あぁ!あぁ!」と声が大きくなっていく彼女。こんどはパンツを下げて電マを押し当てます。

あっ!あっ…すごい…!いきそう…いきそう…!あっ…!」と固まるので、場所をずらさないように刺激を続ける。すると、ビクッと軽くゆれた。どうやらイッたようです。

「もういったんですか?」と聞くと「はい…」と答える。

まだ足らなさそうだと思った私は、足を伸ばした状態で再び電マ攻撃。すると「あ…そこそこそこ…また、イキそう…あ、すごい…その角度その角度その角度…あっ!」とまたイキ。目を隠された熟女は口を大きく開けて浸っていました。

ここで、紐を解いてアイマスクを外してやると、「眩しい…」と言いながらも私に抱きついてきました。仕上がりはいいようですね。

「舐めてください」と言うと「はい」と答え純情に、それも最初とは違い別人のように積極的にあそこをしゃぶってきます。

「ほしかったんですか?」と聞くと「欲しかったです…」と目を見ながら言います。すごい勢いで自らの顔を上下させて私の下半身を触りながらフェラする彼女。

手マンするとバシャバシャになっている彼女のマ◯コ。「あぁぁ!あぁぁぁ〜!あぁぁ〜!」とうめきながら、しっかりと私の息子を手コキしてくれます。もう、完全に別人格というレベル。「ほしいぃ!ほしいぃ!」と何か狂ったように欲しがるので、仁王立ちで彼女の頭を抑えながら勢いよくイラマチオさせます。

欲しがりがすごかったので、

「欲しいトコどこですか?」と伝えると

ここ…ここ…ここ…」と足を広げ腰を浮かせななら、息を荒げて伝えてきます。

「1人でやってるんでしょ?いやらしく自分でいじってくださいよ」と言うと、

はい…はぁ…はぁ…あぁ…

とオナニーをするMさん。でもすぐに「はやく…はやく…ください…はやく…!」と懇願してきました。「まだあげませんよ?」と言うと「あぁぁぁぁ!あぁぁぁ!」とどんどん激しく身体をよじらせながら自分でクリトリスをいじる。

私がようやく、「じゃ上にきてください」と言うとすごい勢いで乗っかってくる。ま◯こにあそこを生で入れると「あ、あ、うぁぁぉぉ…」と挿入感を野生的に感じている。

おっぱいを自分で揉みながら自分の身体を全体に上下に揺らして「あぁっあぁっあぁっ!」とどんどん上がっていく。

正常位で…お願いします…」と今度は希望を言ってきたので「あせらないでください」となだめながら体位を変えます。

正常位で彼女の膝をぐっと押して深く入れ込むと「うぁぁ!あぁ!あぁ〜!」とどんどん乱れていく。

バックをすると、あちらから積極的にお尻を動かしてくる。「もっと…もっと突いてください…もっと…」とお願いされたので、お尻の後ろあたりを押さえながらお望みどおり突いて上げました。すると隣の部屋に聞こえるんじゃないかってぐらいの絶叫で感じまくるMさん。

寝バックしたり、横になりながらバックで突いたりしても、自ら身体を動かして気持の良いところを感じていく。底知らぬエロを感じました。

散々やりまくった結果、2回戦までいきました。しかも生理上がりで生中出し。ソフトなSMでしたが物静かそうな彼女が乱れる姿は見ものでしたね。

月1回くらいで出会いセフレ状態なので、もっと可愛いがっていこうと思っています。身体に傷がつくものはできませんが、ある程度のムチや低温ロウソク。スパンキングなども興味を持ってきてるので、今後が楽しみです。

 

 

※管理人が美熟女をナンパしている出会い系サイトはこちら!