https://xn--life-453cr53pghei3rgk5c.com/kanreki

当時童貞だった私が熟女と初体験して世界が180度変わった話

昔話をします。私はアラフォーのおっさんですが、年上が大好き。こうなったのは何を隠そう、人生初めてのセックスが41歳の熟女だったからです。彼女との出会いはおっさんになった今でも忘れません。だってエロ過ぎて強烈だったから。言葉で説明すると平べったくなりますが、当時性欲が溜まり過ぎていて日々もんもんとしていた22歳の童貞にとって初めてのセックスはもうめちゃくちゃな感動を与えました。

当時はとにかくセックスした過ぎて出会い系に登録した

当時私は小さな印刷会社に勤務していました。高校でも専門学校でもイケてないメンズだった私は中途半端にプライドができて、童貞をこじらせていた状態でした。理想ばかり高いのに女性と話すのは苦手。でも、性欲は溜まりに溜まっていて、ナンパや合コンも頑張ってやってみましたが、全く上手くいきませんでした。

同世代では彼女を作って幸せそうにしてたり、車でナンパしてイケイケな20代を過ごしていたり。そんな報告で劣等感を感じ、性欲も溜まってムラムラ。考えれば考えるほど頭がおかしくなりそうでした。

ちなみに。当時は風俗もプライドがあって行きませんでした。

そんなコテコテの童貞だった私は、出会い系サイトに思い切って登録。もちろんガラケーですよ。出会い系サイトは今でも使っていますがが、始めて登録したのはスタービーチというサイトでした。今はもうないサイトですが、当時は年齢制限がなくJKでも使える!という事で援助交際が大流行して社会問題のきっかけを作ったサイトでしたね(笑)

ここで童貞だった私に運命の出会いが訪れます。

童貞が41歳の熟女と飲み行くことになった!

出会い系サイトって今もそうですが、予定が決まればトントン拍子で出会いまでいけます。当時の出会いも割とすぐにきまりました。何を思ったのか私は41歳の中年女性とデートすることに。多分、一番簡単に会えそうな人でスグに決めたのでしょう。今思えば年齢が倍近く離れている女性と経験値ゼロの童貞男というミスマッチさに、よく突撃したなと思います。

何はともあれ、この女性とデートしたら童貞卒業出来るかも知れない!と思った私は気合を入れてデートを迎えました。

当日。待ち合わせ場所にいたのは30代前半に見えるSさんでした。熟女さんとの出会いは初めてでした。本当に40代には見えなかったので「若く見えますね!」と言った記憶があります。彼女の格好もたしかスカートでした。40代でスカートって考えるとちょっとキツいと思うかも知れませんが、それでも可愛いし似合っていると思える女性でした。

Sさんも優しくて私は舞い上がっていました。まったく年齢のことなんて気にせずに、彼女にすらしたいと思っていた私。

最初は居酒屋に行きました。私は当時お酒は得意ではなかったのですが、意地を張って頑張って飲みましたね。彼女が出会い系を始めた経緯を聞くと、「結婚前提の彼氏がいたんだけど、親に挨拶する時に遅刻して私から振ったの」と話していました。だから、出会い系や婚活パーティに参加して男を探していると。

これを聞いた私は、

童貞ながらに「よく聞く失恋直後のチャンス」じゃないか!と考えセックスできると確信していた。

長くお酒を飲みながら話していて、そろそろラブホに誘い込めるかな?と私は思っていました。もちろん、女性をホテルに誘ったことは人生で一度もありません。しかし、ラブホに誘う時のセリフは入念に準備していました。

「ちょっと休憩しにいこう」

これが22歳の童貞が考えに考え抜いたホテルの誘い方です。この時は我ながら、下心を出しすぎずにスマートな表現で、上手いセリフだと自画自賛していましたね。

そして、お店から出る時に熟女に言い放ちました「ちょっと休憩しにいこう」と!

ホテルに誘って置きながら熟女にめっちゃ歩かせる童貞

ですが、一つミスをした私。実は飲んでいる場所からラブホテルが結構遠かったんですよね。1キロぐらいあったと思います(笑)しかも、この1キロをタクシーを使わずに年増の女性の手を引っ張りながら歩いて移動するという、もはや嫌がらせにも取れる行動。当時の私は貧乏すぎてタクシー代をケチっていました。

会話もたした盛り上がった記憶はありませんでしたが、それでも中年女性は童貞についてきてくれました。

絶対にあなたは、お店の場所からホテルが遠かったらタクシーを使ってあげてくださいね!

そして、ようやくラブホ街に到着。

私にとって始めてのラブホテル。一体どうやって部屋を選ぶのかも知りませんでした。パネルの部屋を見ても、どうやら空きがない様子。他のラブホテルを回っても空いていない。このときは週末だったんですが、週末のラブホが混んでいて入れないということは、童貞には考えられませんでした。

私「家で休もうか!」

と私が熟女に提案。快諾してくれました。まぁ、そりゃ1km近く歩かせておいて熟女からしたら「さっさと休ませろや!」っていうのが内心ですよね。ラブホ街から家は相当遠かったのでタクシーに乗り移動。この間も熟女さんは優しく会話をしてくれました。

酔いながらも童貞宅で熟女を連れ込み成功

タクシーを降りた瞬間。問題発生。酒が飲めない私は急に気持ち悪くなってきました。あ〜やばい。めっちゃ吐きそう。タクシー代をなけなしの自分の金で支払い、家の近くにあったコンビニがあったので、そこのトイレに行くことにしました。自分の家まで行ってからトイレで吐いても良かったですが、吐いてる音が聞こえるかも知れないと思い辞めました。

コンビニで「ちょっとトイレ行ってくるね」と爽やかに熟年女性に伝え、個室に入った瞬間にリバース!!間に合って良かった!よく耐えた!自分を褒めたくなりました。ゲロを吐きながらも、ヤッてやる!絶対今夜ヤッてやる!ともはや執念で動いていました。

スッキリしてからようやく家に着。

ワンルームでベッドと小さなテーブルしかない木造アパートが私の当時住んでいた賃貸です。今思い返しても非常に貧相な作りでした。

熟女が家にくると、童貞の僕は違和感しかありませんでした。そもそも、人を家に呼ぶ事自体が私にとってイレギュラーな事態。友達もほとんど呼んでいなかったので、ソファもなくて持て成す感はゼロです。

でも、熟女は明るくて話しかけてくれました。もう童貞だという事を透かされていたのかも知れません。会話もリードされていました。

特に座るところもなかった私の部屋で、絨毯の上に2人がなんとなく座ってるだけ。私はベッドにどうやって誘いっていいのか分かりませんでした。やばいやばい。焦りを感じたのを覚えています。

ここで救いの手を出しくれた熟年女性。

私寝言いうかもしれなーい(笑)

「え〜どんな事言うの?」

寝てからのお楽しみだよ(笑)

私「じゃ寝よっか?(ドヤァ)」

と、彼女のベッドの誘いにまんまと乗り、ドヤ顔で誘いました。これが童貞というものです。当時はまるで自分がうまくベッドに誘ったかのような感覚になっていましたが、数日後に冷静になって考えると上手く誘導されていたことに気が付きました。

ちなみに、ベッドはマットレスもなく、敷布団に布団を乗せているだけ。なので超硬かったはずです。もちろんシングルですから、狭かった。でも、彼女は何も言わずイチャイチャしてくれました。

人生初めてのフェラを熟女にしてもらう

ベッドに入っても何をしていいのか分からないのが童貞。彼女が「フェラしてあげようか?」と言ってくれました。このセリフに私は感動しました。

マジで?フェラしてくれるの。俺に??

今までエロ動画でしか見たことのなかったフェラ。それを進んでしてくれるなんて、なんて良い女性なんだろうと。本気で衝撃的でした。

布団の中に潜ってフェラをしてくれる。とんでもなく気持ちよかったです。この後ほかの女性のフェラを経験して、彼女のフェラが上手だっったことを知ります。ちんこが熱くヌルヌルになっていくことがこんなに気持ち良いなんてと。

精子の味って男の人によって違うんだよ

「そうなの!???」

彼女からどんどん生の声を聞く私。こんなエロい生物がいるのかと。フェラしくれた後は、乳首をペロペロしながら、手コキしてくれる。なんじゃこりゃあ!と心の中で叫びました。

童貞が熟女と初体験!セックスに感動した!

そして、いよいよ私が準備していたコンドームを装着!初めてで付けれないことも考えて、コンドームを付けていてオナニーした事もあったので装着は問題なくクリア!挿入の瞬間です!!

めちゃくちゃあったかい!ヌルヌルする!!

これが私の初めてのまんこを味わった時の感想です。オナニーしかしていなかった私にとって、まんこが温かいという当たり前なことに気が付きませんでした。ちょっと出し入れするだけでもう気持いいのなんの。

初めてながらも頑張って腰を振る私。「ああんん!ああぁん!あぁん!」と急に叫びだす熟女。え!こんな叫ぶの!??とびっくりしました。AVでは確かにあんあん言ってるけど、本当に喘ぐんだ!と知りました。ちょっとうるさいとも思いました(笑)

正常位が終わった後はバックで挿入。バックも気持ちよかったですが、第一の感想は「AVと同じアングルだ!!」ということ。AVみたい!と童貞の私は思いました。

そして、発射。

セックスという最高の快楽を知った22歳の夜でした。

ちなみに、手マンやクンニなどの前戯はゼロです(笑)

童貞卒業してから女を見る目が変わった

次の日の朝に熟女はタクシーを使って帰って行きました。それっきり連絡はなし。セックスの初めてのセックスの思い出は強烈に私の記憶に刻まれました。

童貞卒業した次の日から、女の見る目が変わりました。もう、女の人のお尻がまんこにしか見えませんでしたね。

夏だったので熱くて頭がおかしくなっていたのかも知れませんが、街を露出が多い服装で歩く女性の姿。お尻がたくさん。どれも、おまんこが付いていてみんなセックスしまくっていて、普段とは全然違う顔で喘いでいるんだな…となにか悟ったような気持になりました。

まとめ:童貞なら熟女はめっちゃオススメ

童貞は好きな人とが良いよ!とか言う人がいますが、私は別に誰でも良いと思います。付き合ってなくてもセックスはできます。セックス出来る時に体験しちゃいましょう。

めっちゃスッキリします。

私は童貞の方には熟女がおすすめです。特に出会いを求めている熟女は若い男性に優しいことが多い。だから、上手くリードできてなくても何とかなります。もちろん頑張って男性側がリードすべきだとは思いますが。

それに熟年女性は経験豊富な人が多いので最高のセックスを体験することができます。逆に熟女とのエッチが気持ちよすぎて、痴女や熟女系ばかりが好きになってしまい、素人やマグロに対しての免疫が無くなる事もあるので、そのへんはハマり過ぎないように注意してくださいね(笑)

※管理人が美熟女をナンパしている出会い系サイトはこちら!